アメリカと北朝鮮の緊張と戦争の行方~日本にとっての最悪と最良のシナリオ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



北朝鮮の核実験によって、アメリカと北朝鮮の緊張が更に高まってきましたね。
果たして戦争まで発展していくのでしょうか?

このアメリカと北朝鮮の緊張と戦争の行方は日本にとっても、もちろん他人ごとではありません。
戦争の当事者になる可能性も十分にありますから。

最悪のシナリオとは、もちろん戦争になって日本が攻撃され大きな被害が出ることです。
そんな最悪のシナリオは絶対になってほしくはありませんね。
かといってこのまま北朝鮮が軍事的な脅威が高まるのも放っておけない。

対話という選択肢もありますが、それが逆に最悪のシナリオにつながる可能性だってあります。

ということで、アメリカと北朝鮮の緊張と戦争の行方が、日本にとってどのように影響していくのか?最悪と最良のシナリオを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク




日本は既に脅威状態になっている

最悪と最良のシナリオを考える前に、その前提として、「日本はすでに脅威の状態になっている」ということを、忘れちゃあいけませんね。

今、アメリカと北朝鮮が緊張して、本当に戦争になるのではないか?という状態になっています。
アメリカが戦争を決意するかもしれない原因は、北朝鮮がアメリカの脅威になりそうだからですよね。
つまり、核兵器を開発して、それをアメリカまで運ぶ大陸間弾道ミサイルを開発しそうだからです。
核ミサイルが完成してしまったら、アメリカは核の脅威にさらされることになります。

だからアメリカは「そうはさせない!」
と北朝鮮を恫喝し、戦争をしてでもそれを阻止する覚悟を示しているのです。

そう、アメリカは「北朝鮮が脅威になってしまう」前に攻撃して、そうならないようにしようとしているのです。

一方日本は・・・?

日本は、既に北朝鮮の脅威の中にいるんですね。
なんか今回初めて脅威が始まったような感じになっていますが・・・。

日本を攻撃可能なミサイルはとっくに開発されていますし、もしかしたらそのミサイルに載せることのできる核兵器も開発済みかもしれない。
ミサイルの中に化学兵器や生物兵器を載せることも可能かもしれない。

日本はとっくに北朝鮮の脅威の中にいるんですね。
それなのに、日本は今までその脅威を話題にすることはほとんどありませんでした。

というのも、今までアメリカの緊張が高まるまでは、日本に対する北朝鮮の脅しはありませんでしたから、脅威が脅威と思えなかったのですね。

北朝鮮にとっての脅威はアメリカです。
北朝鮮はアメリカからの攻撃を心配しているのであって、日本が攻撃してくるとは考えていないでしょう。
沖縄での米軍基地の反対運動もそれが原因と考えていいでしょうね。
それは韓国国内の反米軍基地運動も同じ理由でしょう。

北朝鮮は日本そのものをターゲットにしているではなく、アメリカとともにある日本をターゲットにしています。

じゃあ、「アメリカとともに」を止めたら?という意見もありますが、それはとんでもない!
日本の防衛はアメリカあってのものですから。
本当は日本だけでもしっかり防衛できる体制があればいいのですが、憲法等の制約で今の日本では無理ですよね。

今までに存在していたけど、あまり認識していなかった脅威、それが核兵器の開発とミサイルだったのです。

そして日本にとって、北朝鮮に対する最大の懸念は「拉致被害者」です。
北朝鮮が大きな軍事力を持てばそれだけ、「拉致被害者」の解決も難しくなるようにも思えます。

日本にとっての北朝鮮関係の懸念事項は「核兵器」「ミサイル」そして「拉致被害者」
これらの懸念事項の解決は、これ以上先延ばしにできる状況でもなくなっています。

今回、アメリカと北朝鮮の緊張が高まり、戦争が始まるかもしれないという状況が、日本にとっての懸念事項「核兵器」「ミサイル」そして「拉致被害者」を解決していくことにつながればいいな、と思うのですがどうでしょう?

最良のシナリオ「核兵器・ミサイルの放棄」そして「拉致被害者の帰国」

最良のシナリオはもちろん、北朝鮮に関する懸念事項「核兵器」「ミサイル」「拉致被害者」がすべて解決することです。

「そんな都合のいいことあるわけな~い!」と決めつけないでください。
もちろん、可能性は限りなく低いですが、ゼロではないと思います。

最良のシナリオの可能性は

    • アメリカの軍事作戦がパーフェクトに成功する
    • ミラクルな対話が成功する

どちらかによって、北朝鮮が核兵器とミサイルを放棄し、拉致被害者が帰ってくる!

軍事作戦と対話ではどちらが可能性が高いかというと、軍事作戦でしょう。

軍事作戦が成功するとするとこんな感じかもしれません

<最良のシナリオ~軍事作戦編>
アメリカが軍事作戦を実行

パーフェクトの成功を収め、北朝鮮の反撃は一切ない

北朝鮮の核・ミサイル施設の壊滅

金体制の崩壊

拉致被害者が解放され、帰国

こんな何もかもうまくいくなんて期待するのもどうかと思いますが、やはり期待してしまいます。

対話によって、「核兵器の放棄」「ミサイルの放棄」「拉致被害者の解放・帰国」なんて、それこそ夢物語と言えるでしょう。
奇跡・ミラクルです!

万が一にもこのミラクルが起きるとすると、キーマンはロシア・プーチン大統領かもしれません。
プーチン出典:http://karapaia.com/archives/52212299.html
安倍首相とプーチン大統領の率直な会談に期待したいですね。
もちろん、一番大切な会談内容は秘密にされるでしょうから、ニュースでは報道されないでしょう。
ミラクルですが期待したいです。

最悪のシナリオは全面戦争となって日本も大きな被害がでる

考えたくもない最悪中の最悪のシナリオはこんな感じです。

<最悪中の最悪のシナリオ>
アメリカが軍事作戦を実行

思ったような成果が得られず、北朝鮮が反撃にでる

当然、日本もミサイル攻撃を受ける

イージス艦やPAC3を潜り抜けたミサイルが都市に着弾!

日本国内の北朝鮮を応援する人たちによるテロの発生!これにより、日本は大きな大きな被害が発生!
もちろん、核兵器もミサイルもそのまま、拉致被害者も帰って来ない。

これだけは絶対に避けたいです。
このところ、頻繁に行われている安倍首相とトランプ大統領の会談に期待します。
アメリカ出典:https://www.cnn.co.jp/usa/35098388.html

アメリカと北朝鮮の対話による最悪のシナリオ

今のところなさそうですが、アメリカと北朝鮮が対話に応じることもあり得ます。
普通に考えると平行線しかありえない対話が万が一、実現した時は逆に心配なことが起きる可能性もあります。

こんな感じです。

<対話で生じる最悪シナリオ>
アメリカと北朝鮮が対話に応じる

アメリカは「北朝鮮の現在保有の核兵器を認める」
北朝鮮は「大陸間弾道ミサイルの開発をこれ以上進めない」
ことを条件に互いに攻撃しない約束をする

というものです。
アメリカにとっての脅威はなくなりますが、日本にとっての脅威は残ったままです。
日本はアメリカに裏切られた形になります。

北朝鮮の核兵器の保有と認めるとなると、日本も本気で核武装を主張する声も上がってくるでしょう。

アメリカがこんな形で日本を裏切るようなことは、まずないと思いますし、想像もしたくないですが、これも可能性として挙げてみました。

まとめ

ここであげた最悪と最良のシナリオが、現実に起こる可能性としてはけっして高くはないと思います。
ちょっと、極端に考えてみましたからね。

ですから、現実には違う形で進むと思われます。
いろいろなパターンが考えれ、アメリカも日本もいろいろなパターンを想定してシュミレーションしていることでしょう。

我々一人ひとりができることが多くはないでしょう。
万が一ミサイルが飛んできても、少しでも被害が少なるなるように、一人ひとりが真面目に避難のシュミレーションしておくことが、我々にできることかもしれません。

そして、日本も守るということをしっかりと考えるきっかけにしたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

rintarou
ステキな世の中は、いろいろな価値観を尊重しあうところにあると思っています。
テレビや新聞とは、ちょっと違う視点から情報をお届けして、いろいろな価値観に触れらるように心掛けます。
私の情報は本当に些細なものですが、「エッ、そうなの?」とか「それは違うでしょ!」とか感じていただけば幸いです。