都議選2017情勢と票の予想!ズバリ何を基準に誰を選べばいい?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



いよいよ2017年7月2日、いよいよ東京都議会議員選挙が行われますね。
今回の都議選は、いつもに増して、重要度が高いようです。

というのも、この都議選の結果次第で、今後の小池都政のあり方が大きく変わる可能性があるからです。

このまま進むのか?
ちょっと修正していくのか?

選挙権が18歳に引き下がれられ、

今回初めて選挙に行く!

という人も多いのじゃないでしょうか?

いつもは、政治に興味ない人も、目を向けるきっかけになりますね。

となれば、一体誰を選べばいいのか?

何を基準に選べばいいのか?

今回の記事は
それを考えるきっかけになればと思っています。

そして、2017年都議選の情勢と票の予想もしてみましたので、参考にしてください!

ということで
【都議選2017情勢と票の予想!ズバリ何を基準に誰を選べばいい?】
お届けします!

スポンサーリンク




ズバリ!何を基準に誰を選べばいい?

 政党で選ぶ

「この政党を絶対に応援したい!」
とか
「この政党だけは、絶対イヤだ!」

というしっかりとした考えがあるなら、簡単ですね。

どんな人か? ではなく、政党で選べばいいですからね。

でもでも・・・

「私は特に支持する政党がないし、逆に既存の政党はなんかイヤだから」

という理由で、

「だから、無所属の人にします!」

と単純に決めないでください!

というのも
無所属の人も、特定の政党の影響を受けている場合が多いですから。

推薦している政党が明記してあれば簡単ですね。

注意したいのは
推薦している政党が書いてない場合です!

その場合は、プロフィール等をみて、

どこかの団体に入っていないかチェックしてみてください。
どこかの団体に入っていたり、
どこかの団体が支持していたら、

その団体をチェックしてみてください。

その団体のホームページ等をチェックしてみると
その団体が特定の政党のバックアップを受けていることに気づくことがあります。

明らかには書いてないことがほとんどなので、
わかりずらいですが、
その団体の主張していること等をチェックしてみると、
「アッ、どこかの政党と同じこと言っているな」
ということでわかるかもしれません。

ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね!

 小池知事を支持するかどうかで選ぶ?

去年の夏から始まった小池知事の都政!
いろいろありましたが、そんな小池都政を
全面支持する!
または、
全く支持しない!
なら、これも簡単!選択肢は二つです!

①小池知事を全面支持、これからも小池劇場をどんどん進めてほしいなら
都民ファースト会または都民ファースト推薦の無所属議員


②小池知事のこれまでのやり方に絶対反対なら

都民ファースト会または都民ファースト推薦の無所属議員以外の人

都民ファーストの会が、議席の過半数を占めることになれば、小池知事は怖いものなしですね。
一方、
都民ファーストの会が伸びず、今までの小池都政に疑問符が付く結果になれば、これをきっかけに小池知事も心を入れ替えて、再び都民の心に届くような都政をしていくきっかけになることが期待できます。

今までの小池都政といえば、
「オリンピック開催地」を巡る問題
「豊洲市場、築地市場」を巡る問題
がありますが、それがいったいどういうことだったのか、これをきっかけに調べてみるのもいいでしょう。

 その人は公のために全力で働く心構えが本当にあるかどうか?で選ぶ

ちょっと、抽象的になってしまいましたが、これが一番重要といってもいいくらいです。
議員は、公の人であり、私心を捨てて働く人のことです

東京都のこと、都民の暮らしのことを第一に考えて働くのが当たり前ですが、そうでない議員も残念ながらいらっしゃるようです。

都民第一ではなく、
自分第一だったり、政党第一の人がいるんですね。

「都民ファーストの会はもちろん、都民第一でしょう!」
と思ってしまうかもしれませんが、
都民ファーストの会の人の中にも
明らかにこの人「自分第一だよね」って人もいらっしゃいますので、注意が必要です。

政党名の付け方が上手だなあ、と感心しますが、政党名に関係なく、その人を見るようにしてみてくださいね。

その人を知るための手段としては、
・ホームページ等ネットで情報を得る
・街頭演説を聞いてみる
などの手段があります。

街頭演説の場合、応援演説もありますが、あくまでも本人を見るようにした方が良いでしょう。
演説がうまいかどうかだけで決めるのは危険ですよ。

大切なことは、東京都をどのようにしたいかの、自分のビジョンをしっかり持っていることです。
そして、それを実行するための心構えがどれくらいのありそうか?
自分の信念をしっかりと持っているか?
政党の政策をそのまま言う人ではなく、自分の考えをしっかり言えるか?

その辺りに注目してみれば、
この人は本当に都民を第一に考えて行動する人か、
それとも
自分や政党が第一の人かが見えてきそうですね。

2017選挙情勢とズバリ票の予想!

今回の都議選は
都民ファーストの会 VS 自民党
が注目であることは間違いありません。

昨年の8月から始まった小池知事は、圧倒的な支持を続けてきました。

それに伴って、最近まで、都議選では小池新党が圧倒的な議席を得て、自民党は惨敗する!
という予想でした。

実際、今年の1月の予想は

【選挙ドットコムより引用】

小池新党つまり都民ファーストの会が、自民党を上回り圧倒的に議席を伸ばすという予想でした。

今年の3月の予想は

【選挙ドットコム】より引用

この段階では、更に圧倒的に都民ファーストの会が議席を獲得するという予想でした。

今も依然、小池知事の支持率は高いですが、

それでも、最近は少しずつ下がってきています。

豊洲問題が長引くことで、豊洲だけではなく築地のブランドも下げてしまうことになってしまったし、

「どうも、小池さんおかしい」

という人が増えてきているようですね。

最新の世論調査では、
互角になってきたようです。

一方、自民党も
「加計学園」、「暴言議員」と
ネガティブなことが話題になっていて、安倍政権の支持率が下がる結果が出ていて、
不安要素いっぱいですね。

立候補者の数を見てみると

YOMIURI ONLINE より引用

立候補者数をみれば、

自民党が伸びることはまず考えられないし、若干議席を下げてしまうのは避けられそうにありません。

都民ファーストの会が大きく議席を伸ばすことは間違いないと思われいますが、期待していたほどは伸びず、自民党の議席より若干少ない、

という感じになりそうに思えます。

これは、私の勝手な予想ですが・・・。

まとめ

今回の都知事選挙は、東京都のことだけには終わりません。

20120年の東京オリンピックは、日本人、みんなが大成功を祈っていますしね。

今回は、小池都政の審判という意味合いも濃くなって、

都民ファーストの会
VS
自民党

というわかりやすい構図になっています。

日本は古代から、政治を行う人は、民の幸せを考えて頑張ってきました。

その伝統を失わないようにしたいものです。

しっかり、東京都民のこと、しいては日本のことを、私心を捨てて頑張ってくれる人を選びたいものです。

多くの人が投票に足を運んでほしいと願います。

以上

【都議選2017情勢と票の予想!ズバリ何を基準に誰を選べばいい?】

をお届けしました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

rintarou
ステキな世の中は、いろいろな価値観を尊重しあうところにあると思っています。
テレビや新聞とは、ちょっと違う視点から情報をお届けして、いろいろな価値観に触れらるように心掛けます。
私の情報は本当に些細なものですが、「エッ、そうなの?」とか「それは違うでしょ!」とか感じていただけば幸いです。