PAC3迎撃の破片は危険?命中率とイラク戦争時の迎撃映像や避難方法も!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



PAC3が中四国地方に配備されました。
万が一、日本に落ちてくるかもしれないミサイルを迎撃するためですね。

でも、たとえ迎撃に成功しても「破片が落ちてくるのが怖い!」
という声も少なからずあるようです。

その気持ちはよくわかります。
でも、イラク戦争の時の迎撃の映像をみると、
「ミサイルが落ちるより、破片の方がマシ!」
と感覚でそう思えます。

PAC3の高性能な命中率で、しっかりを迎撃してくれることを期待したいところです。

今回は、PAC3の命中率と迎撃したあとの破片はどれくらい危険なのか?ということをイラク戦争の時の映像を見ながら考えてみます。

スポンサーリンク




日本を守る二つ目の盾・PAC3の命中率がスゴイ!

日本をミサイル攻撃から守る方法は2段階になっています。
イージス艦からのSM3パトリオットミサイルPAC3です。
出典:http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/html/n3123000.html
最初の盾・イージス艦からの迎撃は、アメリカが行った37回のテストで33回の成功だったそうです!
命中率は89%!スゴイですね。
イージス艦は射程距離も長いので、できるだけイージス艦で迎撃したいものです。

とはいっても実験でも100%ではないし、実践となるともっと命中率も落ちるでしょう。
そこで二つ目の盾・PAC3の出番。
PAC3は射程距離が短くて守備できる範囲がとても狭いのが弱点ですが、ないよりはある方が良いのは当たり前ですね。

これは航空自衛隊がアメリカのニューメキシコ州で行った迎撃テストの様子です。

PAC3の迎撃は、35回のテストで29回の成功、命中率は83%だったそうです。
そのうち、ソフトが新しくなった後半の14回のテストでは100%の命中率だったそうですから、スゴイですね。

破片は大丈夫?イラク戦争時の迎撃映像を見ると・・・

命中率がいくらすごくても心配なのは、迎撃した後の破片の落下ですね。
PAC3は射程距離が短く20km程度なので、海上ではなく、下に人家もあるかもしれない陸の上空での迎撃になる可能性も高いのですね。

そうなると、「迎撃しても金属の破片が空から落ちてきてそれが危ないのでは?」と心配になります。
実際に心配されている人も少なからずいらっしゃるようです。

そこで、安心してもらえるかどうかはわかりませんが、2003年に起きたイラク戦争で実際に使用された迎撃ミサイルの映像を見つけました。
このとき使用された迎撃ミサイルはPAC2と呼ばれる迎撃ミサイルです。
PAC3が開発される前の迎撃ミサイルです。

この時のPAC2の命中率は10%程度だったそうです。

迎撃が成功したときと迎撃が失敗して地上にミサイルが落ちた映像の両方があります。
最初が迎撃が成功した時で最後が失敗して地上に落ちた時です。
その違いを見てみてください。


どうでしたか?どちらが怖いですか?

もちろん、今回北朝鮮がグアム周辺に発射する検討をしているとされているのは実験ですので、地上に落ちたからと言って、この映像のように爆発するわけではありません。

とはいっても映像のように小さな破片がパラパラと降るのと、大きなミサイルがドカン!と落ちるのと、どちらが被害が大きいかは簡単に想像できますね。

更にPAC3はPAC2よりもグッと性能も上がり、もっと細かく破壊するそうですから、粉々にしてもらいたいものですね。

破片から身を守る避難方法は?

ミサイルそのものよりも破片のほうがマシ!とはいっても空から金属が落ちてくるのですから危険であることは間違いありません。

その危険から身を守る方法は・・・、
物の中に避難する、出来たら強固なビルの中に避難する、ということです。
当たり前すぎて拍子抜けでした?

でも、これはとても有効です。
細かく破壊されたミサイルの金属片は、コンクリートを破壊することはありませんし、一般住宅の屋根を貫通するほどの威力をもった金属片もそんなにたくさんは降り注ぐことはないだろうと思われるからです。

車を運転中の人は、車のボンネットは弱いですから安全なところに駐車して建物の中に入る方が良いでしょうね。

まとめ

PAC3が迎撃して、破片が落ちてくるのが怖い!
その気持ちはよくわかります。

でも、破壊されずにミサイルそのものが落ちてくるほうがもっともっと怖いですね!

PAC3でミサイルを粉々にしてほしい!
イラク戦争での迎撃の映像を見ると感覚でそう思います。

テストでの成績とはいえ、PAC3の80%を超える命中率に期待したいところですね。

とにかく、破片から身を守るためにも、Jアラートが鳴ったら、早く建物の中に避難しましょう!

・・・でもPAC3の射程距離は短いからなあ。
近くにPAC3がないときは、もう運を天に任せるしかないかもしれませんね。

イージスアシュアが早く配備されることを待ち望みます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

rintarou
ステキな世の中は、いろいろな価値観を尊重しあうところにあると思っています。
テレビや新聞とは、ちょっと違う視点から情報をお届けして、いろいろな価値観に触れらるように心掛けます。
私の情報は本当に些細なものですが、「エッ、そうなの?」とか「それは違うでしょ!」とか感じていただけば幸いです。