北朝鮮ミサイルが通過する中四国地方4県の原発はどこ?PAC3迎撃なるか

スポンサーリンク

スポンサーリンク



北朝鮮がグアムに向けてのミサイルを発射したら中四国4県(島根、広島、愛媛、高知)の上空を通過することになってしまいますね。

もし失敗して落下したら、と思うと恐ろしいです。
ましてや、そこに原発があったら・・・。

いやいや、ちょっと怖い話ですね。
気になるので、中四国4県(島根、広島、愛媛、高知)のどこに原発があるのか、調べてみました。

この地区にある原発は、島根と愛媛の2か所でした。

じゃあこの2か所、PAC3がしっかり守れるのか?と思ったら、残念ながらPAC3の守備範囲には入っていないようです。

その辺り、詳しく調べました。

スポンサーリンク




中四国4県(島根、広島、愛媛、高知)の原発はどこ?

全国に17か所ある原発のうち、西日本にあるのは8か所です。
出典:https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=1RsFzYHFRI4v6Lnqgig7EsLnqY8U&hl=en_US&ll=35.00663050864338%2C135.49533375&z=6

<西日本の原子力発電所>
福井県・・・敦賀発電所、美浜発電所、大飯発電所、高浜発電所
島根県・・・島根原子力発電所
愛媛県・・・伊方発電所
佐賀県・・・玄海原子力発電所
鹿児島県・・・川内原子力発電所

上の地図に、北朝鮮のミサイルがグアムン向かった時の上空を通過する範囲を示すとこんな感じです。

北朝鮮のミサイルが通過するかもしれない範囲の下に島根県と愛媛県の原発がありますね。

上空と通過するかもしれない島根県と愛媛県にある原子力発電所はこんな感じです。
島根県松江市にある島根原子力発電所
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

出典:https://www.google.co.jp/maps/

愛媛県西宇和郡伊方町にある伊方発電所
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://www.google.co.jp/maps/

島根と愛媛の原発をPAC3は迎撃できるか?

PAC3の射程距離は約20kmと言われています。
島根県に配備されたPAC3がある出雲陸上自衛隊駐屯地から島根原子力発電所までの距離は約26km。
惜しいけど届かない!
愛媛県に配備されたPACがある松山陸上自衛隊駐屯地から伊方発電所までの距離は約57km。
全く届かない!
地図にするとこんな感じです。

西日本に配備されているPAC3はこんな感じ。
出典:https://rinrinshappy.com/archives/7701
伊方原発は、福岡のPAC3からもかなり遠いですね。

いずれにしても原発をPAC3で守るのは難しそうです。

原発にミサイルが落ちる可能性は?

北朝鮮がグアムに向けて発射したとしても、それが中四国4県に落ちる可能性は高くはないようです。
関連記事【PAC3中四国(島根、広島、愛媛、高知)の配備場所はどこ?守備範囲も!】
ましてや、それが原発に落ちてしまう可能性は相当低いと思います。
とはいっても心配は心配ですよね。
原子炉の建物は相当に頑固に作ってあるそうなので、それに期待するしかないですね。

ちなみに、「原発をミサイルで攻撃されたら大変!」という心配もありますが、弾道ミサイルは自然落下させるミサイルなので、ピンポイントで目標に命中させることは難しいそうです。
巡航ミサイルというのはピンポイント攻撃が可能ということですが、北朝鮮は巡航ミサイルは持っていいないそうで、ちょっとだけ安心・・・ですかね。

まとめ

北朝鮮がグアムに向けてミサイルが発射されると、上空を通過する中四国4県(島根、広島、愛媛、高知)は心配ですよね。
まして、間違って原発に落ちたら・・・と思うともっと心配。
中四国の原発は、島根原子力発電所と愛媛の伊方発電所がありますが、いずれもPAC3の守備範囲には入っていないようです。
たまたま、そこに落下する可能性はかなり低いですが、心配は心配ですね。

北朝鮮がグアムへのミサイル発射を断念することを祈ります。

また、この機会にしっかり防衛のことも考えておく必要もありそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

rintarou
ステキな世の中は、いろいろな価値観を尊重しあうところにあると思っています。
テレビや新聞とは、ちょっと違う視点から情報をお届けして、いろいろな価値観に触れらるように心掛けます。
私の情報は本当に些細なものですが、「エッ、そうなの?」とか「それは違うでしょ!」とか感じていただけば幸いです。