北朝鮮グアムへミサイル発射で日本に落ちる可能性!イージス艦とPAC3 で迎撃は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



北朝鮮がグアム周辺に4発のミサイルを発射する計画をしているとの発表がありました。
しかも「島根、広島、高知の上空を通過する」との発表。
そうなると、日本にミサイルが落ちる可能性もあるのでは?と心配になります。

また、その時は落ちなくても、グアム周辺に着弾したことがきっかけとなってアメリカと北朝鮮が戦争になったら、日本にミサイルが落とされる心配は更に高まります。

そうなると頼りたいのが日本のミサイル迎撃体制です。
イージス艦とパトリオットミサイルPAC3のミサイルの迎撃能力はかなり高いようですが、それでも配備されている数がすくなく日本を守るにはとても十分とは言えないようです。

スポンサーリンク




日本にミサイルが落ちる可能性は?

グアムへ発射されたミサイルが落ちる可能性

グアムへ向けて発射されたミサイルが日本に落ちるとしたら、失敗した時ですよね。
ここ最近の北朝鮮ミサイルの完成度から考えると、大きな失敗の可能性は低いと思えます。
また、

北朝鮮からグアムまでの直線距離・・・・・・・・約3,500km
北朝鮮から島根(日本海側)までの直線距離・・・約750km
北朝鮮から高知(太平洋側)までの直線距離・・・約950km


出典:https://www.google.co.jp/maps/
3,500km先を狙って発射し、それが失敗して島根から高知までの200kmの間に落ちる可能性は、確率から言ってもせいぜい5%程度、けっして高いとは言えないようです。

また、わざと失敗するということもあり得ます。
でも、わざと失敗するとすると、その目的はアメリカと戦争にならないためであるので、日本に落とすというリスクはとらないだろうと思います。

アメリカと北朝鮮が戦争になった時の落ちる可能性

アメリカ・トランプ大統領の威嚇にも関わらず、北朝鮮がグアムへのミサイル発射を強行したら、アメリカが北朝鮮への攻撃に着手する可能性はグンと上がります。

そうなると、もちろん北朝鮮が日本をターゲットにする可能性はとても高くなります。
以前、北朝鮮は日本の米軍基地をターゲットにすると言っていました。
ただ、米軍基地はしっかりとした迎撃システムがあるので、危ないのは迎撃システムが近くにない大都市かも知れません。

イージス艦とパトリオットPAC3でミサイルは迎撃できる?

日本のミサイルの迎撃は、イージス艦に配備されているSM3と地上に配備されているパトリオットミサイルPAC3の2段構えの迎撃体制になっています。

まず、イージス艦で迎撃し、迎撃し損ねたものをPAC3で迎撃する、というシステムです。

出典:http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/html/n3123000.html

グアム向けのミサイルが失敗して日本に落ちてきたとき

グアムに向かうはずのミサイルが失敗して日本に落ちるということは、高度が上がる前に落下が始まるということですから、イージス艦からのSM3でも対応が可能でしょう。

そして先日、上空を通過すると思われる島根等中四国4県にはPAC3が配備されました。
配備の完了によって、イージス艦とPAC3の2段構えで迎撃が可能になりました。

出典:http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/other/Patriot/
今回は4発だけなので、対応できる可能性は高いといえます。
とはいえ、PAC3が迎撃できる守備範囲はとても狭いので、とても十分とは言えません。

戦争が始まって日本がターゲットに発射されたとき

イージス艦とPAC3の2段構えをとっていますが、弾道ミサイル(ICBM)を使われると、高度が高すぎてイージス艦(SM3)では迎撃できません。
また、落下速度が速すぎてパトリオットミサイル(PAC3)でも撃ち落とすことは難しいようです。

弾道ミサイルの数は多くはないでしょうが、1発でも心配です。

「ノドン」や「ムスダン」等のミサイルであれば、イージス艦とパトリオットミサイル(PAC3)で対応が可能です。
日本にはイージス艦が6艘、パトリオットミサイルが32基あるそうです。
パトリオットミサイルは2基1セットで迎撃するそうなので、日本全土で16か所しか配備できない。
守備範囲が50kmというPAC3がたったの16か所とはとても心もとないですね。

北朝鮮には、日本を攻撃可能なミサイルは250発くらいあると言われています一度にたくさん打たれるとイージス艦でも対応できず、PAC3でも対応できない可能性はかなり高いといえそうです。

ですから、万が一にも戦争になったら直ちに北朝鮮の攻撃能力を激減させることがとても重要になることは間違いありません。

まとめ

北朝鮮のミサイルがグアムに向けて発射されると、失敗して日本に落ちてくる可能性は少ないですが、ゼロではありません。

失敗せずにグアム周辺に着弾すると、アメリカが黙っていないでしょうから北朝鮮への攻撃が決定され、北朝鮮が反撃で日本に向けてミサイルを発射する可能性も十分あり、ですね。

グアムに向けてミサイルが発射されると、失敗するしないに限らず、日本はミサイルが落ちる危機に直面することになる、ということでです。

そうなると、頼りにしたいのがイージス艦のSM3とパトリオットミサイルPAC3です。
頼りになる性能を持ってはいますが、何せ数が不足していて心もとない。

今回、北朝鮮がグアムへのミサイル発射を断念したとしても、北朝鮮が核ミサイルの開発を断念していない限り、いつか必ず危機は再来します。

そんな時に備えて、しっかりと防衛体制を整えてほしいものです。
先日、安倍首相は防衛費の増額への意欲を示されたことは心強いですね。

いずれにしても、ミサイルが発射されたという情報が入ったら、直ちに強固な建物に入ったり、窓から離れるなど、命を守る行動をとるように心がけたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

rintarou
ステキな世の中は、いろいろな価値観を尊重しあうところにあると思っています。
テレビや新聞とは、ちょっと違う視点から情報をお届けして、いろいろな価値観に触れらるように心掛けます。
私の情報は本当に些細なものですが、「エッ、そうなの?」とか「それは違うでしょ!」とか感じていただけば幸いです。