「千客万来施設」と万葉倶楽部って何?豊洲活気への期待と撤退の不安や評判

スポンサーリンク

スポンサーリンク



万葉倶楽部「千客万来施設」からの撤退を検討!なんてニュースが流れましたが、「万葉倶楽部」だの「千客万来施設」だの漢字が5個も6個も並ぶとなんだかわかりずづらくなりますね。
「万葉倶楽部」が運営する「千客万来施設」ということなのですが、わかりやすく説明しますね。

市場が豊洲に移転することに伴い企画された「千客万来施設」
それによって、豊洲が活気づくことを期待した豊洲近辺の人たちですが、撤退の報道されてショックだったようです。

撤退報道に対する反応・評判を見てみて、この問題を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク




千客万来施設と万葉倶楽部って何?

「千客万来施設」とうのは、豊洲市場エリアに設ける観光商業施設で、豊洲市場を含めてにぎわいを目指したものなんです。
その「千客万来」を作って運営するのが「万葉倶楽部株式会社」という会社なんですね。

千客万来は豊洲のにぎわい施設

「千客万来」は豊洲市場と一体となって、市場のにぎわいをそのまま「千客万来」の施設に取り込んで、豊洲全体を盛り上げよう!というものなんですね。

「千客万来」の完成イメージは感じです。

出典:http://park.tachikawaonline.jp/news/complex/1389/

店舗と屋台が連動したエリア

出典:http://park.tachikawaonline.jp/news/complex/1389/

豊洲の新鮮な食材を扱った約140店舗の専門店エリア

出典:http://park.tachikawaonline.jp/news/complex/1389/

湾岸を展望できる温泉施設とレストラン


出典:http://park.tachikawaonline.jp/news/complex/1389/

他にも日本が世界に誇る調理器具を扱う「調理器具市場」や伝統技術を紹介・体験する「匠いちばん市場」などを予定しているのですね。

日本だけではなく、海外にも誇れる市場の観光エリアができそうですよね。

万葉倶楽部は温泉等を運営する企業

そんな観光商業施設「千客万来」を運営することになったのが、万葉倶楽部。

万葉倶楽部とは万葉倶楽部株式会社で、温泉施設・損害保険代理業・旅館業などの運営する企業です。
神奈川県小田原市に本社がある会社ですね。

有名なのは「万葉の湯」
そう聞くと「あー、あの万葉の湯ね」ってなりますよね。
北海道から九州まで展開しているので、多くの方がご存知だと思います。

なぜ撤退?その理由を簡単に!

本来なら、昨年11月に、市場が築地から豊洲に移転し、今頃は「千客万来施設」の完成を目指して建設中だったんです。
ところが、小池百合子さんが都知事になって、計画が全く狂ってしまったんですね。

11月に豊洲に市場を移転し「千客万来施設」の工事も3月に始める予定だった

小池さんが知事になると「豊洲移転」に待ったが掛かった

豊洲の移転が不透明になったので、工事着工も延期

豊洲のことが一向に決断されない

これでは工事の計画は全くできない

小池知事がやっと移転を決断!と思ったら築地にも「食のテーマパーク」を検討?

そんなんじゃあ、お客様の取り合いになって事業は成り立たないよ!
もう、やってられない!

ということです。

豊洲撤退の報道に揺れる人たち

これには、江東区の住民も、区長も、築地の関係者もショックです。

主婦「すごく楽しみにしていたので、もしかしたらできないのがすごく悲しいです」
男性「とんでもないと思った。みんな楽しみに待っているのに壊されてしまって」

区長「もともと市場と一体で計画があったもの。ちゃんと元の計画通りできるようにしてほしい」

築地市場の魚屋さん、生田よしかつさんも嘆いています。

まとめ

千客万来施設は、豊洲市場と一体となった観光商業施設で万葉倶楽部という会社が運用する予定になっているのですね。
千客万来は、市場と一緒になってたくさんの人が集まりそうな場所になりそうです。
撤退報道は、完成を楽しみにしていた人にはとっても残念なものでしょう。

いろいろ、ケチがついてしまった豊洲市場です。
残念で仕方ありませんが、昨年の11月予定通り豊洲への移転ができていればなあ、と嘆いてばかりでも仕方がありませんね。

もう「豊洲ブランドはなくなった」という人もいますが、私はそうは思いません。
「豊洲」って響き、とってもいいと思うし、今のうちなら大丈夫!と思っています。

小池知事、もうあきらめて決断してください!
お願いします!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

rintarou
ステキな世の中は、いろいろな価値観を尊重しあうところにあると思っています。
テレビや新聞とは、ちょっと違う視点から情報をお届けして、いろいろな価値観に触れらるように心掛けます。
私の情報は本当に些細なものですが、「エッ、そうなの?」とか「それは違うでしょ!」とか感じていただけば幸いです。