【米韓首脳会議2017】最悪の成果予想〜北朝鮮対応で日本や韓国への影響は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



米韓首脳会談

明日29日から、米韓首脳会談が始まります。
北朝鮮問題を抱えた今回の首脳会談は、ちょっと対応を間違えたら最悪に成果にもなりかねないように思えるのです。

最悪の場合
アメリカの北朝鮮への攻撃の計画が始まったり
韓国の経済の破たんが始まったり
ということだってあり得る、
と思うのです。

とにかくポイントは韓国の北朝鮮対応ですよね!

今回は、
【米韓首脳会議2017】最悪の成果予想〜北朝鮮対応で日本や韓国への影響は?
と題して、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク




アメリカと韓国の間にある大きな溝とは!

今回の米韓首脳会談で北朝鮮の対応の仕方が大きな議題になることは、間違いないと思われますが、
北朝鮮への対応について
アメリカ・トランプ大統領韓国・文在寅大統領の間には
大きな大きな溝があるように思えます。

その大きな溝とは何なのか?ということですが、
先日、米韓首脳会談に先立って、韓国大統領府の文正仁、統一外交安保特別補佐官が訪米されましたね。

その時の文特別補佐官の発言
「北朝鮮が核・ミサイル活動を中断すれば、韓米合同演習や韓国内の米戦略兵器の縮小も可能だ」

これに対して、
アメリカが激怒しました!

もう一度、文正仁特別補佐官の発言ですが、
「北朝鮮が核・ミサイル活動を中断すれば、韓米合同演習や韓国内の米戦略兵器の縮小も可能だ」
です。
パッと見た感じ、もっとものようにも見えませんか?
わたしもなぜ、アメリカがそんなに激怒するのか?
すぐにはわかりませんでした。

この発言でアメリカの逆鱗に触れたのは、
「北朝鮮が・・・・中断すれば・・・・縮小も可能だ」
この「中断」「縮小も可能だ」がアメリカにはとても気に入らないのです。

なぜならアメリカは、以前から
「北朝鮮との対話は、核・ミサイル開発の破棄が条件だ!」
と言っています。
つまり、「中断」ではダメ、「やめる」と約束しないとダメ!
なんです。

それを「中断」を条件にするような発言をした!

しかも、米韓合同演習や米戦略兵器といった米軍が絡んだ問題をアメリカに相談することもなく
「縮小も可能だ!」なんて勝手に発言した。

アメリカとしては、
「オレ達の言っていることと違うじゃないか?何度言ったらわかるんだ!」
「縮小も可能だあ? 冗談じゃない!勝手に言うんじゃないよ!」
という激怒なんですね。

それに対して韓国は、
なぜ、アメリカがそんなに怒るのかがよく理解できない様子なんです。

「何もそこまで怒んなくても。
ただ見解として可能だ、って言っただけなのに・・・」
といったところじゃないでしょうか。

韓国はアメリカの激怒の意味が理解できない、
そこに大きな大きな溝があるんですね。

文在寅を大統領に選んだ韓国がかかえる苦悩!

今年の3月に行われた韓国の大統領選挙で、文在寅氏が大統領になりましたね。
その時期は、ちょうど、アメリカが中心となって、北朝鮮の核・ミサイル開発を止めさせようと、緊張が最大になっていた間只中でした。

それなのに韓国の国民は、よりによって北朝鮮に融和的な文在寅氏を大統領に選んだ。

日本人の私としては、
「それって危ないんじゃないの?」と心配しました。

でも韓国の人たちは、今回の北朝鮮危機とよばれていた情勢を、そもそもそんなに深刻に考えていなかったようなんですね。

北朝鮮との緊張状態はいつものことで、危機慣れしている。
それに、おなじ朝鮮人に大したことはしないだろうと思っている
そんなふうなのですね。

北朝鮮のことよりも、今の経済危機が超重大!
朴槿恵政権の流れを変えてくれる人がいい!

韓国内ではとにかく
北朝鮮よりも経済!
それは、民間団体も一緒になって出来上がった世論だったようです。

北朝鮮に対する危機意識が
アメリカや日本とは、まったく違っているようなのですね。

これが、大きな大きな溝の元になっているようなんです。

米韓首脳会談の最悪の成果で韓国は?

そんなに大きな溝があるアメリカと韓国ですから、
今回の米韓首脳会談でもちょっとした発言によって、最悪のことにもなりかねないんです。

アメリカは今月、拘束されていたアメリカ学生の最悪の結末で、北朝鮮に対してとても怒っています。
トランプ大統領も当然相当怒っていますよね。

国民感情的にも北朝鮮に対する怒りが発生したこの事件でも、
文在寅大統領のちょっとした発言がアメリカ国民の逆鱗に触れる可能性があるのです。

とにかく、アメリカは韓国にイライラしています。
・THAADの配備が進まない
・オリンピックで北朝鮮と仲良くしようとしている
・日韓合意もないがしろにしている
・特別補佐官の発言
・合同演習でも感謝の気持ちがぜんぜんない

などなど

ポイントはとにかく、
北朝鮮に対する断固たる姿勢を信頼できる形で文在寅大統領が示せるか?

会談中にそれは望めないとトランプ大統領が判断すると、今度はトランプ大統領が自らわざと韓国との関係を最悪にしようとする可能性だってあります。

そうなると、韓国は大変です。
アメリカの北朝鮮への決断がしやすくなるからです。

また2015年末、アメリカの仲立ちで慰安婦のことで日韓が合意しましたね。
経済情勢が大変な韓国は、この合意によって経済の頼みを中国からアメリカに移そうとしたしたはずです。

それなのに、その合意も破断する動きがある。

国際的に約束したこの合意を首脳会談で
文在寅大統領が懸念なんか示したりしたら、
アメリカはもう、ただただあきれらるだけです。

文在寅大統領もそのことはわかっているはずです。

ですが、
韓国国内からプレッシャーを考えると・・・・
常識では考えられないことも起きるかもしれません。

米韓首脳会談の最悪の成果は、
米韓関係が更に悪くなって、
・アメリカによる北朝鮮への攻撃の可能性が高くなる
・その場合の韓国の大きな被害は避けられない
・経済が立ち行かなくなり、破たんする

考えたくないですが、可能性としては考えられます。

今、韓国は中国にも睨まれていて、本当に本当に大変!

韓国にとっての望みは、トランプ大統領が国内で大変であること、
なんですが、それもずっと続くことではないので・・・。

最悪の成果で日本への影響は?

最悪のシナリオとなって、アメリカが北朝鮮へ攻撃!
となるともちろん日本への影響はとっても大きいですね。

もちろん、すぐに攻撃を決断するとは思えませんが、
アメリカが韓国を見限って、
韓国を頼らない形で北朝鮮への攻撃を計画する
となると日本が果たすべき役割も更に更に大きくなってきます。

韓国の経済破たんも日本への影響も大きいです。

まとめ

韓国は国内で抱えているいろいろな問題によって、大変な時を迎えているようです。

こんな時期の米韓首脳会談!

これを成功させるのは大変なことだと思います。

万が一、最悪の成果になってしまったら、
・北朝鮮への攻撃準備が始まったり
・経済復興の道が絶たれたり
と、韓国の存亡に関わることにもなりかねません。

それは、日本への影響も大きいので、何とか避けたいところです。
とはいっても我々ひとりひとりではどうしようもありません。
だとしても、明日からの米韓首脳会談の行方をしっかり注目しておきましょう!

文在寅大統領の活躍を期待して!

以上
【米韓首脳会議2017】最悪の成果予想〜北朝鮮対応で日本や韓国への影響は?
をお届けしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

rintarou
ステキな世の中は、いろいろな価値観を尊重しあうところにあると思っています。
テレビや新聞とは、ちょっと違う視点から情報をお届けして、いろいろな価値観に触れらるように心掛けます。
私の情報は本当に些細なものですが、「エッ、そうなの?」とか「それは違うでしょ!」とか感じていただけば幸いです。

コメント

  1. 面白くなって来ました! より:

    きっと期待通りの最悪の結果になる事間違えなし!だって今でも色々此方からしたらトンデモ発言を連発する逸材なんですから。早く国交断絶して日本にいる朝鮮人の方々にもお引き取り頂いて、日本が被る影響を最小限に止める努力が必要では?敵国になれば、在留資格は此方で剥奪できるでしょ?

    • rintarou rintarou より:

      面白くなってきました!さん

      コメントありがとうございます!

      韓国の政治家も、本当に自国民の幸せのために働く人が出てきてほしいものですね!
      いつか、そんな日が来ることを見守っていたいと思います。