藤井聡太4段の強さの秘密は詰将棋?とにかく考えることが大好き!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



藤井聡太4段が29連勝!新記録を達成しましたね。

まだ負け知らずですからその強さはスゴ過ぎます!

藤井聡太4段は、なぜこんなに強いのでしょうか?

それが、気になって仕方がない!

なので調べてみました。

藤井聡太4段の強さの秘密を!

藤井聡太さんは人の何倍も詰将棋をしている。

そして、考えることが大好き!

それが、強さの秘密になっているようです。

ということで、

【藤井聡太4段の強さの秘密は詰将棋?とにかく考えることが大好き!】

お届けします!

スポンサーリンク




強さの秘密「ここまで詰将棋をやった子は初めて!」

小学生の時から、地元の子供将棋教室に通い始めたそうですが、
そこで、詰将棋の問題がたくさん出されるそうなんですね。

たくさん、たくさん問題が出されるですが、

たいていの子は、途中で飽きてしまうそうなんです。

でもでも、藤井少年は違った。

最後まで、やり通した!

「最後までやり通したのは、後にも先にも、

藤井くんだけでしたね」

なんだそうです。

詰将棋をたくさんすると、将棋を考える脳が発達するそうですから、

そこまでしたってことだけでも、やはり強くなる素質があったんですね。

でも、なぜ、そこまで頑張れたのでしょうか?

とにかく藤井聡太は考えるのが大好き!

「メイクテン」というゲームをご存知ですか?

4つの数字を、足し算、引き算、掛け算、割り算を組み合わせて、10にする、というゲームだそうです。

たとえば 1、2、3、6とう数字だと

6+2+3-1=10

という具合です。

藤井聡太さんが小学校のころ、この「メイクテン」はまっていたそうですが、家族で車に乗っていると、前にいる車のナンバーを見て、

なにやらブツブツ、ブツブツ・・・

そして、突然大きな声で

「できた~!」

家族はその大きな声にビックリ!

「メイクテン」をやっていたのですね。

藤井聡太さん、今も「メイクテン」好きだそうですよ。

とにかく、考えるのが好きなんですねえ。

どこかにある答えを導き出そうと、

いろいろ頭のなかで考え回して、

・・・・

答えが導き出せた時の

ヤッター!!!!

きっと、その快感がたまらないのでしょうね!

大好きなんでしょう!

その気持ち、わかりますわかります!

僕にも若干そんなところがあります。

もちろん、僕はすぐ飽きてしまうので、天才にはなれませんが(笑)

やはり、最高の強さの秘密は「大好き!」

とにかく、考えることが大好きな藤井聡太さん、

今も詰将棋が大好きで、

藤井聡太さんのサインには、自分が考えた詰将棋が書いてあるそうです。


僕もこのサインほしい!

6月26日、藤井聡太さんの師匠・杉本昌孝さん(7段)がNHK出演されていました。

藤井聡太4段の29連勝をかけた勝負を番組で解説されていましたのです。

その中での師匠・杉本昌孝さんとアナウンサーの会話です。

「詰将棋をやると、やはり将棋が強くなるんですか?」アナウンサー

「詰将棋と将棋は違うので、詰将棋をやれば強くなるものではないのですが、脳のトレーニングになるんです」杉本昌孝師匠

「筋トレのようなものですね」アナウンサー

「そうです。藤井4段は今も詰将棋をやったり、作ったりしているんです」杉本昌孝師匠

「杉本昌孝さんも詰将棋やられているんですか?」アナウンサー

「いや、やらないですね。なかなか続けられないですよ」杉本昌孝師匠

「藤井4段は脳を鍛えるために頑張っているんですね」アナウンサー

「いや、彼は楽しいからやっているだけのようですよ!

まわりからみると、すごく頑張っているな!と思うんですが、本人は楽しいから、いつもの間にかやってしまうんです。

頑張ろうと思ってやっているわけではなさそうですよ」杉本昌孝師匠

なるほど、なるほど~!

好きだから、続ける!

続けるから、たくさん鍛えられる!
たくさん学べる!


だから、強くなる!

なるほど、なるほど~

大切なことを学ばせてもらいました!!

負けたら号泣!も強さの秘密?

藤井聡太4段は、負けず嫌いでも有名ですよ。

子供のころ負けたら、周りがあわてるくらい号泣していたそうです。

こんなエピソードがあります。

小学校1年の時に出場した将棋大会で準入賞したのですが、優勝を決める試合で負けたとき、

「この世の終わりかというくらい、わんわん声を上げて泣くんです」とお母さん。

そのあまりにも大きな泣き声に優勝した子供も困惑状態だったそうです。

そしてお母さん

「ぜんせん泣き止まないので、私が代わりに表彰式に出ました」

なんだそうです。

とにかく、藤井少年の号泣は有名だったようで、

将棋連盟の事務局員さんは、笑いながらこう証言されています

「ほかの子供たちから『藤井君の鳴き声がうるさくて将棋に集中できない』と訴えられました」

楽しいエピソードですね!

ふむふむ!

強くなる人は負けたら泣くんですねえ!

それも大声で!

そういえば、卓球の福原愛さんも、平野美宇さんもそうですもんね。

そんな子供をちゃんと受け止めてくれる両親もすごいですよね。

好きなことを好きな気持ちのまま続ける素直さ

負けたら悔しい気持ちをそのまま表現する素直さ

そんなピュアさがいいのかもしれません。

まとめ

藤井聡太4段の強さの秘密は、

考えることが大好き!

なことにあるようです。

その中でも詰将棋を考えるのが好き!

好きだから、いつの間にか頑張ってしまっている

だからたくさん鍛えている。

学んでいる!

強くなる!

また、

大好きなことを素直に行動にしている!

それが、藤井聡太4段の強さの秘密!

とうことのようです。

藤井聡太4段、素敵です!!

この記事書いていたら、久しぶりに詰将棋したくなってきました。

詰将棋の本、あした買って来ようっと!

ということで、

【藤井聡太4段の強さの秘密は詰将棋?とにかく考えることが大好き!】

お届けしました。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Contributor

ABOUT – この記事を書いた人(サイト管理人)

rintarou
ステキな世の中は、いろいろな価値観を尊重しあうところにあると思っています。
テレビや新聞とは、ちょっと違う視点から情報をお届けして、いろいろな価値観に触れらるように心掛けます。
私の情報は本当に些細なものですが、「エッ、そうなの?」とか「それは違うでしょ!」とか感じていただけば幸いです。